ヴィヴィアン・レイシー

弁護士、クライアントリレーションシップマネージャー

ヴィヴィアンは、2012年からヨーロッパに拠点を置くブラジル人弁護士です。BAR協会のメンバーとして、6年間サンパウロの事務所で弁護士として勤務し、2011年にサンパウロカトリック大学で民法の修士号を取得した後、海外に移住しました。

弁護士時代には、大企業を相手にした知財訴訟案件を担当することもありました。ミュンヘンに移ってからは、知財に焦点を当てた仕事をするようになりました。知的財産サービスプロバイダのクライアントリレーションズ部門のチームリーダーとして、複数の業界の大規模な商標ポートフォリオを管理する機会を得ました。ポートフォリオ管理と記録プロジェクトに統合することで、プロジェクト管理の知識をより深メルことが求められました。彼女は、2014年に英国プロジェクトマネジメント協会(APM)からプロジェクトマネジメント証明書を取得しました。

著書に『A Cláusula Geral da Boa-fé Objetiva no Código Civil de 2002』があります。A Boa-fé dos artigos 113 e 422 do Código Civil Brasileiro.

2018年、Vivienは、フランスのレンヌでビジネス開発エグゼクティブとしてモォラー IP アドバイザーズに入社しました。 現在、彼女はクライアントリレーションシップマネージャーとして活躍しています。

仕事以外では、旅行や家族と過ごす時間が好きで、食べ物や文化に興味があり、世界中の人々と会うことが好きです。




ヴィヴィアン・レイシー

資格

  • カトリック・サンパウロ大学(ブラジル)弁護士。
  • カトリック・サンパウロ大学(ブラジル)民法(契約)修士号取得
  • 英国プロジェクトマネジメント協会 (APM) (英国) の認定プロジェクトマネージャー。
  • ポルトガル語、英語、ドイツ語、フランス語が堪能です。