ビクトリア・デ・ラサ・アンドレス 

商標部長/弁護士

ビクトリアは、知的財産の分野で13年以上の経験があり、2014年にモォラーの商標部に入社しました。グループの日常管理を担当しています。

商標部を率いて、商標を取り巻く複雑な問題(クリアランス、ブランドカウンセリング、出願、異議申立の執行、取消、偽造防止及び執行戦略、ドメイン名の回収及び紛争など)をマネジメントし、クライアントへのアドバイスを行っています。

また、スタートアップ企業から既存企業、多国籍企業まで、幅広い分野の多様なクライアントとの仕事を楽しんでいます。ビクトリアは、2005年にブエノスアイレス大学で法学士号を取得しました。また、2014年にはカウンセリング心理学の学位も取得しています。 この2つの学位は、マネジメントと法律知識を組み合わせ、彼女の能力の裏付けとなっており、それは主要なI P雑誌でも取り上げられています。

WTR 1000, 2020(IP Firms & Individuals’ Ranking Trademark Review WTR 1000)からの抜粋

「…ビクトリア・デ・ラサ・アンドレスは優れた管理能力と知財業界の幅広い知識を兼ね備えている。彼女は、複雑な知財案件を巧みに操ることに長けており、日頃から商標チームを成功に導いている」

WTR 1000, 2021 (IP Firms & Individuals’ Ranking Trademark Review WTR 1000) からの抜粋

「商標部門の責任者であるビクトリア・デ・ラサ・アンドレスの幅広い専門知識はブランディングのアドバイスにも欠かせない存在となっている」

オフィスの外では、子供たちやサイモンとの時間を大切にし、ヨガや旅行も楽しんでいます。




ビクトリア・デ・ラサ・アンドレス