ヴァネサ・ドゥアルテ

パラリーガル

ヴァネサは2016年からモォラー IP アドバイザーズのメンバーになりました。彼女は経営陣のアシスタントとしてスタートし、知財について学んだ後、彼女は商標部で働き始めました。

パラリーガルアシスタントとして特許部に昇格し、出版レポートや審査レポートの作成を開始し、クライアントに送付して中南米の知財法律事務所に報告してきました。

現在は、ラテンアメリカ地域における新規特許および意匠の出願を担当しています。クライアントに必要な新規出願書類、関連する期限、費用の見積もりなどの情報を提供しています。出願が完了すると、対応する出願報告書と証明書をクライアントに送付します。

モォラーに入社する前は、アルゼンチンのブエノスアイレスにあるジョン・F・ケネディ大学で心理学を学びました。 これらのスキルは、クライアントとの良好なビジネス関係を構築する上で日々発揮されています。

仕事以外では、ボクシング、海外旅行、フリーランスのメイクアップアーティストとして活動しています。 小学生の頃からバイリンガルの学校に通っており、スペイン語と英語を流暢に話します。 彼女は定期的に英語コースに参加しています。




ヴァネサ・ドゥアルテ