テオ・メッサラー 

パートナー 

テオは2016年にMoellerに入社し、当社のテクノロジー導入の先頭に立っています。その間、テオはCレベルとIT部門の架け橋となってきました。彼の主な関心事は、テクノロジーの利用によって会社の戦略を実現する分散型ワーキンググループを指導し、権限を与え、導くことです。テオの指導のもと、複数の拠点において摩擦のないオペレーション、戦略的ビジョンと事業成功との相互作用が、優れたカスタマージャーニーにつながる”リキッド・モォラー “という論理を実現してきました。彼に言わせると、「幸せなお客様と社員は貴重な財産です。彼らのニーズに耳を傾け、丁寧に接すれば、彼らは私たちにポジティブなROIをもたらしてくれます。オペレーションエクセレンスと商業戦略において組織をデータドリブンにすることが、私が会社にもたらす価値です」。簡単に言えば、テオは会社の “Head of Client Wow “なのです。

テオはコロンビア大学(米国ニューヨーク州)でテクノロジーマネジメントの修士号を、IE大学(スペイン・マドリード)で理学士号を取得しています。また、オックスフォード大学のサイードビジネススクールでフィンテックプログラムを修了しています。




テオ・メッサラー