メルセデス・アルバレス

シニア商標パラリーガル 

メルセデスは、過去14年間、ウルグアイとアルゼンチンで知財に携わり、特に商標出願、商標検索、更新、譲渡部門に従事してきました。2021年3月にモォラーの商標部門に入社し、様々な管轄区域での商標出願に関するクライアントへのサポート、新規商標出願、更新、オフィスアクションなどの調整を担当しています。彼女は多くの英語コースを受講してきた結果、ケンブリッジ大学でプロフェショナル・レベルを取得しました。さらに英語の宣誓翻訳者の資格も保持しています。現在は、ブエノスアイレス大学(UBA)で知的財産弁護士になるための勉強をしています。

自由時間には、英語を教えることや、毎日のトレーニングとして長い散歩をすることを楽しみとし、また自分のことをコアな映画ファンだと思っています。スペイン語を母国語とし、英語は流暢に、ポルトガル語は基本レベルを話します。




メルセデス・アルバレス