ラウラ・モレノ・ソサ 

偽造防止部門責任者

ラウラ・モレノ・ソサは、モォラーのブエノスアイレス事務所にある偽造防止部門の責任者であり、主にラテンアメリカ地域、アジア太平洋地域、アフリカの新興経済圏を中心に、世界中の複雑な訴訟戦略を専門としています。

知的財産分野で10年以上の経験を持ち、著名なクライアントに戦略的コンサルティングや法的アドバイスを提供しています。また、予防的措置、巧妙なアプローチ、積極的戦略など、幅広い選択肢を用いてクライアントの権利行使を支援しています。

クライアントのビジネス目標を的確に把握し、ブランドオーナーが市場を支配することを可能にする最先端のブランド保護技術を用いて、知的財産権を行使する際に効果的かつシンプルな、テクノロジーを駆使した解決策を提供しています。

仕事以外では、定期的に旅行をしたり、読書、アシュタンガヨガを楽しんでいます。




ラウラ・モレノ・ソサ 

資格:

  • アスンシオン国立大学(パラグアイ)にて法律の学位を取得。
  • 工業所有権代理人、登録申請中(アルゼンチン)。
  • スペイン語、グアラニー語(パラグアイの先住民族の言葉)、英語、および基本的なポルトガル語を話します。